音塊(おんかい)は燃えている♪

好きな事は好きなままで行くって決めたから

DAWで使える便利な小技-その2-♪

f:id:soundstudiosequence:20170403234917p:plain

 

 

何事も言葉に出すと効果てき面 最音児(さいおんじ)です♪

 

 

今回も打ち込みでの楽曲製作時に役立つ小技をご紹介します

 

あっ、すません今回もCUBASEメインです

 

設定可能なDAWソフトお使いの方で知らなかった方は

意外と役立つのでお試しください

 

今日の小技は。。。

『生きた8分音符の打ち込み』です

意外と8分音符の打ち込みって

ベロシティ(音符の強弱)が一定になってません?

 

もちろんそれが有効な時もフレーズによってはあります

でも抑揚をつけたい時やベースとかでドラムとうまく絡みたい時は

8分音符をタタタって打ち込んで細かくベロシティ(音符の強弱)を

調整しますよね?。。。されたこと無い方一度お試しください。。意外と大変です

 

そこで『生きた8分音符の打ち込み』とは

ずばりロジカルエディターに設定を作りボタン一つで抑揚をつけます!!!

 

最初に ロジカルエディターで設定してショートカット設定でボタンを決めれば

ベタ打ちした8分音符も抑揚のついたモノに早変わりです!!!

写真にするとこんな感じ

↓このまっすぐな横並びベロシティ(一番下の棒グラフみたいなもの)が

 

 f:id:soundstudiosequence:20170419222725p:plain

ボタン一発で

 

↓はい、このとおりデコボコになりました(^_^)/f:id:soundstudiosequence:20170419222653p:plain

 

 

実際に設定したのがこの画面

f:id:soundstudiosequence:20170419223828p:plain

 

 

 

 

MIDIメニューの中にあるロジカルエディターを選んで

上の写真の設定通りに設定、

青くなっているマス目の左にある240とか480という数字は

16分音符1つが120単位で考えるとわかりやすいですね

 

保存⇒ショートカット設定で任意のPCのキーボードキーを指定

あとは打ち込んでそのショートカットキーを押すと

デコボコ抑揚のついたフレーズになります(^_^)/

 

ちなみに私のバンドのギターの方は

ipad版のcubasisでデモを作って来てくれるので

私のcubaseで今回のような作業をしてまた送るって事もしてます♪

 

まずはいろいろ触ってみましょう(^_-)-☆

 

Cubasis 2 - Mobile Music Creation System

Cubasis 2 - Mobile Music Creation System